フェイスリフト TOP arrow自然な仕上がり トータル(フル)フェイスリフトSMAS法

自然な仕上がり トータル(フル)フェイスリフトSMAS法

シンシアでフェイスリフト症例写真を撮るときにはなるべく近づきすぎないようにしています。
それは、写真というのは近づいてとるとレンズの特性上辺縁がゆがんでくるので実際に見た感じとは大幅に異なってくるからなのです。
顔全体ならこの写真よりももっと遠くから50〜80o位のポートレートに向いたくらいの焦点距離でとるのがいいと思います。 耳の前の付け根ぎりぎりの部分を切開線とし頬全体を引き上げます。
短い時間で終了し、術後の腫れなどのダウンタイムも少ないので翌日よりアクティブに生活することが可能です。
切開線はピンクの実線、剥離範囲はピンクの破線内となっています。

image

1.Parotid cutaneous ligament及び4. Zygomatic ligamentの一部を処理することは可能ですが2. Masseteric ligament 3. Mandibular ligamentの処理は事実上困難です。もし無理して剥離を進めると盲目的操作となるので大切なものを損傷するリスクが高くなります。またSMASの処理も顔の側方のみで行うことになるため効果が弱くなります。

当然シグネチャーリフトと比べるとフェイスラインをすっきりさせる効果は数段低くなります。
どうしても耳の後ろを切るのが嫌だという信念を持った方でそれほどの変化を求めない場合にお勧めすることもあります。

コンテンツ ここまで

コスメディカルクリニックシンシア

又吉秀樹院長

【銀座本院】
東京都中央区銀座5-13-19
デュープレックス銀座タワー4F
TEL:03-5550-0567
診療時間:午前10時〜午後8時
休診日:無休

【渋谷院】
東京都渋谷区宇田川町33-8
塚田ビル5F
TEL:03-6809-0029
診療時間:午前10時〜午後8時
休診日:無休