フェイスリフト TOP arrowシンシアのフェイスリフト麻酔

シンシアのフェイスリフト麻酔

シンシアのフェイスリフトの麻酔は安全かつ完全に患者様の苦痛を取り除きます。

フェイスリフトには興味があるけれど痛いのが怖い・嫌だという気持ちは誰もがお持ちです。
多くのクリニックが“完全無痛”を高らかにうたいますが実際には患者様は手術中
“麻酔が痛かった”
“手術をされていること自体が苦痛だった”
“医師・看護師の雑談が気になった”
などの声が聞かれます。
実際には“不完全無痛”麻酔であることがほとんどなのです。
フェイスリフトのような大きな手術をするにあたっては適切な麻酔が必要です。
シンシアのフェイスリフトにおいて“麻酔だから頑張ってください”などというセリフはありません。

フェイスリフトにおける正しい麻酔とは

肉体的苦痛の除去、精神的苦痛の除去

を両立させていなければなりません。
この二つを両立させている麻酔法は、全身麻酔シンシアオリジナルTIVA(Total Intravenous Anesthesia)だけといって過言ではありません。

脂肪吸引で使われる麻酔について

1. 全身麻酔(麻酔科必須)

image

美容外科の手術に限らずあらゆる部位の手術に用いることができます。
また麻酔の目的として鎮静(意識消失)、筋弛緩、鎮痛、有害な副交感神経反射の抑制があげられるが、全身麻酔は基本的にはこれらの条件を全て完全に満たします。
フェイスリフトの際にこの麻酔法を使用しているクリニックも存在します。


ピットフォール

麻酔科が付ききりで患者様を管理しないといけない。
美容外科によっては麻酔科が何件も麻酔をかけもつので管理が甘くなり危険が伴う。
入院必須。高額になる傾向がある。

2. 局所麻酔(チューメセント法・ウェットメソッド)

image

フェイスリフトの手術の際に必ず使用する麻酔方法。
局所麻酔薬であるリドカインと血管を収縮させ出血を少なくするエピネフリンを大量の生理食塩水で希釈したもの注入していく。
この施術によってSMASや筋肉、皮下組織の剥離が容易になります。


ピットフォール

・局所麻酔なのできわめて強い痛みを伴います。
“麻酔なので我慢してください”とは通常の美容外科医の常套句。
麻酔が痛ければ本末転倒です。
シンシアでは目元の麻酔のように一瞬で終わるまさに“局所”ならともかく広範囲となるフェイスリフトでは意識下で局所麻酔を行うようなことはしません。

4. 静脈麻酔

image

点滴のラインから精神的苦痛を取り除く薬と肉体的苦痛を取り除く薬を投与する麻酔。
麻酔の強さによっては“リラックスするだけで意識がある”脂肪吸引には不適のものから、“シンシアオリジナルTIVA”のような精神的苦痛・肉体的苦痛を安全に完全に取り除くことのできるものまでさまざまです。


使われる薬としては


ソセゴン・トラマールなどの類麻薬

麻薬と似た作用がありますが鎮痛効果が劣ります。
麻薬免許を持っていない医師でも使用できる点では優れていますがフェイスリフトには不十分です。

ドルミカムなどの睡眠薬

鎮静作用があり静脈麻酔のベースとして必須です。
調節性、沈静深度に難があるのであくまで脇役の薬となります。
痛み止め効果はまったくありません。

プロポフォール(ディプリバン)

鎮静作用が極めて強く、調節性が非常に高いので静脈麻酔の主役ともなる薬です。
手術中のつらい記憶もありません。
多量に投与すれば鎮痛が十分でなくても無理にでも沈静して手術が可能となる高性能の薬ですが、術中の体動が激しくなり(暴れるということ)手術のクウォリティが下がることもありえます。
また、痛みを抑えるための強い沈静は呼吸抑制や血圧低下などの危険な状態に直結します。
よって研修医から直接美容外科医になったような臨床経験が不十分な医師麻酔科の訓練は外科のローテーションで体得したという程度の知識で扱うのは危険です。
シンシアの院長は心臓血管外科時代から大手美容外科時代そしてシンシアにいたる10年以上にわたる付き合いです。
シリンジポンプの写真が載っているクリニックでは使われていますが麻薬が使用可能なクリニック以外では鎮痛が不十分なため寝ている間に苦痛を感じている場合がほとんどです。

麻薬

image

"フェイスリフトに十分な鎮痛効果を持った唯一の薬グループです。
麻薬免許を持っていない医師が扱うことはできません。
“シンシアオリジナルTIVA”には必須の薬となります。
麻薬の副作用として“呼吸抑制”などがあるので扱うには麻薬免許を持っていても不十分で心肺蘇生に自信を持った医師であることが絶対条件です。

シンシアでは数ある麻薬のうちフェイスリフトにもっとも適した“鎮痛作用が十分”で“呼吸抑制が軽く”“半減期が早く当日歩いて家に帰ることができる”理想的な薬剤を試行錯誤の上、見つけ出し使用しています。
この薬の名前は“シンシアオリジナルTIVA”の根幹にかかわるのでHPに載せることはできません。
シンシアのフェイスリフト麻酔は“シンシアオリジナルTIVA”と適切なチューメセント法の併用によって、安全に“完全な鎮痛”と“完全な沈静”という麻酔の絶対条件をクリアし、患者様の苦痛を取り除きます。

コンテンツ ここまで

コスメディカルクリニックシンシア

又吉秀樹院長

【銀座本院】
東京都中央区銀座5-13-19
デュープレックス銀座タワー4F
TEL:03-5550-0567
診療時間:午前10時〜午後8時
休診日:無休

【渋谷院】
東京都渋谷区宇田川町33-8
塚田ビル5F
TEL:03-6809-0029
診療時間:午前10時〜午後8時
休診日:無休